男性型脱毛症agaとは

男性型脱毛症とは男性ホルモンが影響して髪の毛が抜ける脱毛症のことを言います。

男性型脱毛症の原因

1 遺伝

男性型脱毛症の原因は果たして遺伝なのでしょうか?一例には母方の父がハゲているとその子はハゲる遺伝子を持つと言われていますが、必ずしもそうであるとははっきりと言えないようです。
ただその可能性が高くなるということしか今も医学では立証できません。

追記

母方の遺伝の作用は遺伝子レベルで男性にとっては強いようです。女性は父方の遺伝子の方が強いようです。

2 男性ホルモンと5αリダクターゼ

男性ホルモンが多く分泌することでハゲる可能性が高くなります。男性ホルモンが多く分泌するとその中のテストステロンとう物体と5αリダクターゼという酵素が融合する可能性が高まり、これが融合することでジヒドロテストステロンとうホルモンが出来上がります。

男性型脱毛症の主な原因はこのジヒドロテストステロンが原因なのです。

追記

もう少し細かく説明すると男性ホルモンであるテストステロンが血液から毛乳頭細胞に運ばれます。

毛乳頭細胞にある5αリダクターゼと結合しジヒドロテストステロンになります。このジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体と結合し、そこからtgfβ-1という非成長因子が発生。

それがヘアサイクルを乱しagaを発症します。

3 ヘアサイクル

ジヒドロテストステロンがどのように頭皮に影響するのかというと、簡単に言ってしまえば頭皮のヘアサイクルを乱してしまい、抜け毛を発生させます。

ヘアサイクルの中の休止期の期間を長くして、発毛や成長期を遅らせてしまうので抜け毛のスピードが早くなり、髪の毛が薄くなってしまいます。

これらが主な男性型脱毛症の特徴です。

4 まとめと生活習慣

先にも言いましたが、男性型脱毛症の原因は必ずしも遺伝だけではありません。今言われている大きな要因として生活習慣の乱れが男性型脱毛症の原因の7割の割合を占めているのではないか?と言われています。

なので遺伝でハゲるという説はもう古い情報で、日頃の生活習慣、例えば睡眠、食事、運動、ストレスなど全ての要因が併発して男性ホルモンに影響を与えてしまっている可能性が高いとされています。

言ってしまえば、遺伝が大半の原因でないという事は、生活習慣を改善していけば、いま頭皮が薄くなってしまっている人でも希望が持てるということではないでしょうか?

こういった男性型脱毛症を治す方法はたくさんありますが、気軽に育毛を試してみたいと思うなら育毛剤の使用を検討してみると良いでしょう。

ただ医薬品は病院へ通わなければいけなく、副作用のリスクもあります。

そのためなるべくリスクを抑えたいのであれば通常の育毛剤が有効です。

それについてはこちらを参照ください。

男性用育毛剤比較ランキング

脂漏性脱毛症 原因と改善方法

脂漏性脱毛症とは、脂漏性皮膚炎から脱毛してしまうという症状です。
脂漏性皮膚炎は頭皮が荒れた状態つまり、頭皮に汚れが溜まったりした時になるのですが、脂漏性皮膚炎になるまではある程度の段階があります。

その原因は

1 シャンプーのしすぎで頭皮の油分が余計に分泌している。

シャンプーをしすぎると頭皮がカサカサになります。それを頭皮の肌が感じ取り頭皮に脂、皮脂が足りていないと錯覚をしてしまい、余分な皮脂を分泌してしまいます。

そうなると頭皮が皮脂でベタベタになり、余計な汚れまでも皮脂に吸着してしまい、それが毛穴に刺激を与え炎症を起こしてしまいます。

さらに炎症が酷くなると脂漏性皮膚炎になります。

2 シャンプーのしなさすぎで頭皮の汚れが落ちていない。

1とは逆に今度はシャンプーをしなさすぎもしくは、シャンプーが適当過ぎて皮脂や汚れが落ちていない場合に頭皮が炎症をお越しやすくなります。特に日中ワックスなどのスタイリング剤を使用する方は要注意です。

スタイリング剤にはシリコンやそのほかの科学物質が含まれており、頭皮にはよくありません。またスタイリング剤を直に頭皮に付けるのにも注意しましょう。
あとはエクステンションなどもシャンプーがしづらくなるため、しっかりと頭皮が洗えてない事が多くなります。

シャンプーなどに含まれている防腐剤

シャンプーなどに含まれる防腐剤にパラベンなどが含まれていることも脂漏性皮膚炎の原因となっているようです。

パラベンは非常に強い殺菌作用があり、それが頭皮の常在菌を殺してしまい皮膚のバリア機能を低下させます。

そして常在菌の一種である真菌だけがこのパラベンに抵抗をもちそれだけ頭皮に残ります。

つまり脂漏性皮膚炎は真菌による刺激が引き起こしているようなものなのです。

3 薬剤によるかぶれ

カラー剤やパーマ液などが頭皮に直接刺激を与え、炎症を起こす時があります。特に体調の優れないときは要注意です。
カラーやパーマは体調の良い日に施術することをオススメします。

その他にも色々な原因があるのですが、まとめると頭皮環境が宜しくないときに脂漏性皮膚炎になりやすくなります。またそれが悪化してくると抜け毛を伴い脂漏性脱毛症へと発展していきます。
さらに脂漏性皮膚炎や脱毛症は激しい痛みを伴うことがありますので日頃の頭皮ケアを心がけておくとよいでしょう。

脂漏性皮膚炎は治りづらい

一般的に脂漏性皮膚炎は男性に多い症状で治りづらいと言われています。また頭皮だけでなく顔や首などいろんな体の箇所に飛び火してしまうことも言われており、治療には根気が必要になります。

脂漏性皮膚炎の特徴は頭皮が赤くなったり、お顔が赤らめてしまい、さらにかゆみを伴います。

個人での治療は困難なためちゃんとした皮膚科で治療するようにしましょう。

agaはご存知ですか?

男性型脱毛症(AGA)はご存知ですね?

でも知らない人の為におさらいします。

男性型脱毛症、略してAGA

ほとんどの男性で薄毛やハゲている原因がAGAだと言われています。AGAは男性ホルモンが原因で抜け毛を誘発しています。

どういうことかというと、男性ホルモンの中にはテストステロンという物質がありこのテストステロンとまた別の酵素が発生します。その酵素というのが5αリダクターゼという酵素で5αリダクターゼとテストステロンが合体することでジヒドロテストステロンというホルモン体に変換します。

このジヒドロテストステロンが頭皮にある毛乳頭の中の男性ホルモン受容体に悪影響を与え、ヘアサイクルを乱し、髪の毛の成長を妨げ抜け毛を発生させます。

また、頭皮のヘアサイクルが乱れ髪の毛の成長を衰退させるのに付け加え、そこに男性は皮脂過多な人が多いので、その余った皮脂が毛根を塞ぎこんで、さらに髪の毛の成長を妨げます。

そうすることで髪の毛が抜けやすい状態になり、だんだんと頭部が薄くなっていきます。

なんとなくわかったでしょうか?

しかし、男性の抜け毛の理由で(AGA)が原因なのは、男性の抜け毛の理由の30%程度でしかありません。

どういうことかというとAGAで毛根が弱くなります。そして残りの70%の原因で完全なるハゲになっていきます。

なので、残り70%のハゲの原因を治してしまえば男性型脱毛症AGAで完全にハゲるということはありません。

それではAGA、男性ホルモンの治療は難しいとしても、残り70%の理由を解決していけば今の髪の毛の薄い状態を回復させる事が出来るかもしれません。

その残り70%の原因をざっと上げてみると、

皮脂

皮脂の酸化

頭皮ケアの不足など

シャンプーを1日に1回以上過剰にしたり、またシャンプーをしなっかったりすることが、以外にもAGAの理由のうちの70%を占めます。

なのでこれらの原因、男性ホルモンがジヒドロテストステロンを発生させれば、確実に抜け毛以外の原因も頭部や体に変化をもたらします。それが残りの70%の原因ということになるのですが、その残りの70%のハゲの原因を治療(育毛)することで完全に回復する可能性があります。

男性型脱毛症agaにはフィンジア育毛剤がとても有効です。

キャピキシル配合なので副作用なしでagaを改善することに期待できます。

フィンジアについてはこちらのサイトが参考になります。

フィンジア育毛剤でaga改善

加齢と抜け毛、薄毛について

「もう年だからハゲてきても仕方ない」というような40代50代の人が多いような気がします。特にご結婚されていてお子さんもいる家庭の主なら尚更そういうふうに諦めモードに入っている方もすくなくありません。

結婚して子供もいると、自分の見た目なんてあまり気にしなくなるんですね。

実際私もそうなのですが、そうはいっても本業が美容業ということもあり、仕事上身だしなみや自分のヘアスタイルには気を使います。

諦めモードに入ってしまっているお父さんや、それに当てはまらない人も髪の毛は第一印象を与えるので、ここで諦めてしまっては、もしかしたら仕事に影響を与えてしまうかもしれません。

なので、できる限り頭皮ケアを行うことをオススメします。

さて、本題の薄毛と加齢の関係なのですが、はっきりいって加齢による薄毛が目立ち始めるのは60代を過ぎてからです。

まだ40代から50代の人は諦めるのは早いということです。

40代から50代の薄毛の原因は男性ホルモンが影響する男性型脱毛症や脂漏性脱毛症といったものが、大きく関係します。

しかし、それらの脱毛症はケアしだいでは1年から3年で完全に治す事が出来るかもしれません。

男性型脱毛症は、男性ホルモンが影響していると巷では言われていますが、実は男性ホルモンの影響を受けているのは薄毛の原因全体の約30%程度で、残り70%は生活習慣や、皮脂の過剰分泌や頭皮ケアの不足などほとんどあとから対処できることばかりです。

ですので、まだまだ大丈夫!あなたの髪の毛はきっと復活します。

そのためには正しい頭皮ケアを毎日欠かさず行ってください。その方法を当サイトのコンテンツを参考に、騙されたと思ってやってみてください。

早い人であれば3ヶ月目くらいから頭皮に変化が見られるでしょう。

また女性の薄毛も年齢が大きく関係しており、女性も更年期に差し掛かると髪質が変化しだんだん薄毛になるようになります。
女性に関しては男性と同じ育毛剤を使うのではなく女性専用の育毛剤で頭皮ケアをしていくようにしましょう。

なぜなら女性と男性の薄毛の原因が根本的に違うからです。

女性用育毛剤についてはこちらで詳しく説明しています。

女性専用育毛剤の詳細はこちら

円形脱毛症の特徴などなど

円形脱毛症とは500円玉くらいの禿ができることを円形脱毛症といいます。500円玉くらいの円形脱毛症を単発型といいます。円形脱毛症にはいくつかのタイプがあり、ほとんどの人はこの単発型なのではないでしょうか?

単発型の原因は現在ストレスが原因だとも言われているのですが、もともと円形ができやすい体質というものがあり、遺伝的な要因も含まれていることが、最近では言われています。しかし、ちゃんとした根拠のある原因は特定できていないのが現状です。

また単発型の円形脱毛症は2~3ヶ月放っておいてもなおります。

単発型が長期にわたり回復しなかったりすると単発型の円形脱毛症がいくつも頭部にでき、その円形がくっついて大きくなってしまいます。
それを多発型円形脱毛症といいます。

多発型や全頭性など悪性の円形脱毛症はアトピー体質の人や遺伝的なものでもなりやすい場合があります。
上記の円形脱毛症の約40%の人がアトピー体質だったことがわかっています。

そしてさらにたちの悪い蛇行型や全頭性、全身性などの円形脱毛症もあり、ここまでくると、なかなか治療が困難になってしまいます。

この場合原因は内臓やホルモンなどが原因となっていたり、アレルギーのように、自己免疫反応による免疫疾患だとも言われています。

ほとんど頭皮に関係ないところが原因となっている可能性が高く、この場合は病院でしっかりと見てもらうことが大切です。

治療の方法として悪性の場合1ヶ月程度の入院がある場合も有り、また治療法もセファランチン、ステロイド、免疫抑制剤、PUVA療法、局所免疫療法や液体窒素、ドライアイス、鍼灸、漢方などの治療がありどの治療法も病院によりけりです。

また円形脱毛症まで行ってなくてもアトピー体質の方が育毛剤を使うのは注意が必要です。なぜなら頭皮が敏感だからです。

もし自分でも薄毛をどうにかしたいと思うのならドクターとの共同開発の育毛剤が安心です。

ミューノアージュ育毛剤はアトピー体質にも安心

プロペシア ミノキシジルの副作用

育毛に良く効くとされるプロペシアやミノキシジル。これらの育毛剤は厚生労働省が認可しており、確かな効果があります。

プロペシア

内容成分はフィナステリドという成分が男性ホルモンの中の特に脱毛に関係するテストステロンと5アルファリダクターゼが合体し、ジヒドロテストステロンに変換するのを防ぐことに効果があります。

またプロペシアは日本国だけでなく世界各国で育毛効果のある育毛剤として認知されています。

プロペシアの開発は、アメリカの大手医薬会社のメルク社が開発したものです。日本ではMSD株式会社が販売権を持っておりますが、個人向けにはプロペシアは販売されていません。

プロペシアの日本での購入は直接医師の診断を受けてから処方される方法で個人が手にすることができます。

なぜ個人では店頭などで気楽にプロペシアを購入できないかというと、プロペシアは効果が高い分、副作用のリスクも高く、医師の判断が必要だとされているからです。

副作用の中には、だるさ、吐き気、動悸、眠気、息切れ、発疹、肝機能不全、性機能不全などがあります。またお仕事にも支障が出る可能性もあります。

また、プロペシアの効果は勘違いされている方もいると思うのですが、プロペシアは実際に発毛効果はなく、脱毛などの抜け毛を遅らせる効果があるということです。

このプロペシアが厚生労働省で第一種医薬品に認可されているわけは、抜け毛抑制に効くことは確かなのですが、その分副作用のリスクも高いことから、第一種医薬品として取り扱われているということなので、過剰な広告などに騙されないようにしましょう。

特に最近ではネットでも個人輸入で簡単にプロペシアを購入することができるのですが、副作用やその他の危険性については、すべて自己責任です。

ミノキシジル

ミノキシジルというのは成分名です。ミノキシジルを含む育毛剤で代表的なのがリアップなどの育毛剤などがあります。

ミノキシジルはプロペシアと違い、第一種医薬品に指定されているにもかかわらず、ドラックストアなどで普通に購入できるのが特徴的なのですが、やはり軽度の副作用などが人によってはあるようです。

たとえば動悸やかゆみなどがあることもしばしばです。

なぜ動悸やかゆみがおきるかというと、ミノキシジルは血管拡張効果が高く血流がよくなることで、たとえば頭皮に炎症を起こしている人などには、刺激が強くかえって炎症が酷くなりタダレてしまったりすることもあります。

しかし、頭部に炎症などがない場合は人にも差がありますが、ミノキシジルでの発毛効果は大きいでしょう。

まとめ

まとめると、プロペシアやミノキシジルを使用することで、育毛効果はかなり期待できるかもしれませんが、常にリスクがあることを理解しておく必要のある育毛剤です。

副作用のリスクをかなり最小限に抑えた育毛成分にキャピキシルという成分がありますが、プロペシアやミノキシジルと違って化粧品登録の育毛剤なので安心して使うことができます。

キャピキシルについてはこちらを参照ください。

キャピキシルで安心育毛 詳細